analyticstracking.php
    みーアンテナ(´∀`) 2chnavi 暇つぶしアンテナ いーあんてな(#゚w゚) ブルーアンテナ 
    5chまとめサイトのまとめ まとめてますよ! おまとめ ブルーアンテナ ゆる~いアンテナ
    みんなのあんてな 5ちゃんテナ! まとめがね Quantum Feed ニュー速アンテナ
    はぴすまアンテナ 鬼女・生活まとめあんてな 2chまとめアンテナ アンテナアント
    もぶアンテナ 2chNEWSアンテナ くるくるアンテナ いわしアンテナ >°))))彡 2chアンテナ
    まとめる@うぇぶんち おひるねアンテナ!        
    スポンサードリンク

       


         

    オカルト話

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    636: 名無しさん@おーぷん 2016/09/23(金)11:40:13 ID:yAw
    10年前に付き合っていた人が、交際1~2ヶ月目までは普通だったのに急に霊能者になった
    よく私の背後霊や私に思いを寄せる男の生霊(そんなものは居ない)と会話してた

    というか実際は、束縛激しくて私の鍵付きTwitterをどうにかして覗いたり、クラスの男子に私の行動を監視させていたのを感づかれたく無くて&私を驚かして行動を抑制するために、全て霊の仕業に仕立て上げようとしていた感じ


    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    85: 名無しさん@おーぷん 2016/06/30(木)12:03:45 ID:Kd3
    自分でもどうでもいいことだと思っているんだけど、未だに夢で見るので衝撃的だったんだと思う。

    幼稚園の時、授業(って言うのかはよくわからないけど)の一環で書道をやった。
    クラスのみんなは正座して、幼稚園児なりに真剣にやってたけど、俺は悪ふざけしながらやってたんじゃないかと思う。

    で、同じクラスのA、こいつは書道の習い事をしていて、多分一番真剣に書道やってた。

    その時書いた奴は、市の書道大会の園児の部みたいなのに出展されたんだけど、よく分かんない結果になった。

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    938: 名無しさん@おーぷん 2016/02/28(日)07:12:54 ID:ZY4
    主人と出会ったのは学生時代、友達の紹介でした。
    初めて見た瞬間、あっこの人だ!絶対に手放してはいけない、あとで後悔する、と思いました。

    それからは私からの猛アタックでした。
    私の手料理を食べて貰う為に、住んでいるアパートに来た時にご馳走しました。
    容姿には自信がありませんが、手料理には自信があったのです。

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    784: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)17:11:18 ID:sUI
    別れにまつわる、不思議な体験。

    昔、ある男性と付き合ってて、結婚話が出てたんだが少し迷っていた。
    東証一部上場企業勤務、有名国立大卒、高身長、年齢の割には高収入、実家は裕福と、条件だけなら結婚相手としては、これ以上ないような男性だったけど、地元の中小企業で共働きの両親、しがない地方の女子短大卒の私は、どう考えても釣り合ってないと思ってしまった。

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    423: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)18:05:36 ID:m49
    アラフォーになって自分の耳が異常だと判明した

    私は会社員なんだけど、一時的に他部署にヘルプに来ていて、今は女ばかりのドロドロした部署で働いてる
    社内では「大奥」って呼ばれてる

    その中でも、性格の悪い2人組がいて、いつもコピー機の陰で2人寄ってコソコソ誰かの悪口を言ってる
    過去には、他の社員と取っ組み合いの喧嘩をしたと噂で聞いたけど、私を含め数人が他部署からヘルプに来るほど忙しい部署なので、悪口いってさぼってるのはムカつくけど、注意したり話合ったりする時間ももったいないので、放置してた

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    876: 名無しさん@おーぷん 2016/05/13(金)00:33:27 ID:tFv
    「そろそろ結婚しようか」と話が出たので、彼氏と彼の実家に挨拶に行くことになった。

    お父さんがすごくにこやかに出迎えてくれて、客間に座ってしばらくしたら、お母さんがお茶とお菓子を持って入ってきた。

    「初めまして」って挨拶したら、とても優しく微笑んだままで「息子君、申し訳ないけど彼女さんには今すぐ帰っていただいて」と言われた。

    びっくりしたけど、彼も「あぁー、わかった」って言って帰ろうって促すし、私の服装かアクセサリーが悪かったのかな?って、泣きそうになりながら帰宅。

    数日後、彼に別れを切り出された。

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    457: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)14:12:41 ID:Hku
    小3の次女は赤ん坊の頃から宙を見ながらボーッとしてる時がかなりの頻度であるんだが、つい先日謎が解けた

    結論としては、得体の知れないもんが見えてる

    先日、そろそろ家を買おうと建売か中古をと、家族で見に行った
    事前に調べてた内の本命が、価格的にも内容的にも周辺環境としても、理想の一件で具体的に話をしようと思ったら、次女が「ここ絶対やだ」と言い出し、学校変わるのが嫌なのかな?と思い、妻に連れ出してもらって、俺は不動産屋と詳細打ち合わせ。

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    908: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)21:29:35 ID:EVc
    俺の父は転勤族だったので、子供の頃から何度も引っ越しをした。
    その中で体験した、昭和の時代の強烈な思い出話です。

    俺んちは母親が、足が悪くて家の中で階段の上り下りが辛いのが理由で、引越し先はいつもマンションだったが、一度だけ戸建に住んだ。
    小学校の4年生の時だった。

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    193: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)13:47:20 ID:eNZ
    小さい頃から虐待されてて、将来自分は中卒で家追い出されて、河川敷で野垂れ〇にするんだろうなって思ってた

    小学生の時に、家族と上手くやれないのと友達がいないのが辛くて、いつでも側にいてくれる頭の中だけの友達を作った
    その友達と一緒に勉強したり、遊びに行ったりおしゃべりするのが楽しかった
    他に友達がいらないほど

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ