analyticstracking.php
         
    スポンサードリンク

       

         

    オカルト話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    702: 名無しさん@おーぷん 2015/09/17(木)23:51:18 ID:vWO
    今日初めて、金縛りと言う名の身体の不思議を体験した
    2歳の息子と昼寝していて、途中でなぜかフッと目が覚めたけど、体が動かず声も出ない。
    全身麻酔したみたーい!と思っていたら、布団の周りを歩く足音がドタドタ聞こえて、ドアを明け閉めする音、カーテンや息子のオモチャを動かす音、誰かがそこにいる気配がした


    引用元: ・笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    571: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)19:11:19 ID:ipOq7vuO9
    修羅場すぎて今でもドキドキしてる。
    その日は私も夫も休みで、小学4年生の娘だけ学校でいなかった。
    午後3時半ごろ、二階にあがる階段付近で物音がするから二人で見にいった。
    そこで見たのは俯いた娘がランドセルを背負ったまま階段をのぼっているところだった。
    夫が「あいつ、ただいまも言わずにどうしたんだ?」と二階に上がろうとした瞬間、玄関の扉があいた。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    458: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)16:04:39 ID:WG8VexHjM
    私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
    ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。

    ある日、姑が「ねぇ、嫁ちゃん・・・」と神妙な顔をしながら話しかけてきた。
    娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。
    初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、部屋を覗いてみると誰もいない。
    またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    80: 名無しさん@おーぷん 2017/10/01(日)18:24:14 ID:VsH
    友人たちと3人のグループで登山旅行をしたとき、山小屋に泊まった。
    部屋には二段ベッドが2つ設置されていて、
    友人Aが片方の上段に、BがAと同じベッドの下段に、
    私はもう一方のベッドの上段に寝て
    私の方のベッドの下段には荷物を置いていた。
    翌朝早くに出発するので寝なきゃいけないのに
    その日の晩は妙に頭が冴えてなかなか寝付けなくて
    向こうのベッドのふたりの寝息が聞こえてくるから
    余計に焦って羊を数えていたら
    なんかベッドの下の方から人がいる気配がした。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    75: 名無しさん@おーぷん 2018/05/18(金)12:20:38 ID:BWU
    わが家の2歳児が数日前から風邪引いてて、心配だから夜目が覚めた時には、子の布団掛け直したり、寝てる様子見たりしてたんだけど

    昨晩寝室の豆電球の明かり点けて隣で寝てる子の様子みたら、何かすごい姿勢で寝てるんだよね
    仰向けで寝てるのに、顔はうつぶせみたいな
    「子供って首も柔らかいんだな」と驚きながら首の向きを直してやろうとしたら、顔が無くて頭全部髪しかないんだよ

    何度見ても全方位後頭部


    引用元: ・スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op14

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    877: 名無しさん@おーぷん 2017/09/17(日)03:10:40 ID:l37
    因果応報って何なのか、と思った衝撃話。

    私の母は兄弟が多く、沢山のいとこがいる。
    従姉で最年長のA子お姉さんは、私より10歳以上年上で、いとこのまとめ役だった。
    私にとっては優しいお姉さんで、年下のいとこたちの面倒を見るにも、えこひいきとかはなく公平で、しかも何かと自分の取り分は少なくして年少に手厚くしてくれた。
    私にとっては理想のお姉さんで、かなり年上なので「先生」のような感じだった。

    大人になってからは顔を合わせることも少なくなったけれど、今でも親戚内の評判は良く
    旦那さんと子供に恵まれ、夫婦で会社を立ち上げて頑張っている。
    別の従兄からも、A子は人望が篤いというようなことを聞いた。

    ところが、最近、別の年配の母方親戚と親しくなる機会があり、そこでA子お姉さんの中学校時代のことを聞いた。

    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    701: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)22:51:21 ID:nXi
    すごく馬鹿馬鹿しい話だと思われそうだけど。
    夫が相続して長年空き家のままだった義実家を、夫が転職して地元に戻ったのを機に建て替えて住み始めて一年になる。
    うちはシュナとヨーキーを飼ってるんだけど、リビングで私の膝の上に乗せてテレビ見てたりすると
    膝の上の犬がいつも同じ方向の同じ角度の空間をジィィィィィィ…っと見てる。シュナもヨーキーも、どっちも。


    引用元: ・スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op13

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    250: 名無しさん@おーぷん 2018/04/27(金)01:23:44 ID:31W
    体験した、奇妙なできごと。

    ぽつぽつ座席の空きがある程度の混み具合の電車内で、座ろうとしたら、その時に、ばさーっと、勢いよく、デパートの紙袋に入った荷物を横合いから投げつけてきたオバサンがいた。

    びっくりして、反射的に、その投げつけられた紙袋を持って、投げたオバサンに渡し、返したら、オバサンは、なぜか、「なんでですか!?」と、金切り声をあげて叫び出し始めた。

    引用元: ・その神経がわからん!その41

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    132: 名無しさん@おーぷん 2017/07/13(木)14:02:32 ID:QJh
    少し前の話。

    某神宮旅行から帰ってきたその日に階段から落ちて足を捻挫した。
    翌日、また階段から落ちて青あざをつくる。
    三日後に階段を思い切り踏み外し顎を外す…顎って外れると痛いだけじゃなく喋れないし口の中乾くわで大変だったw


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    972: 名無しさん@おーぷん 2017/06/29(木)16:15:43 ID:Wrs
    大学時代、地元の仲のいい友人Aと共に上京し2DKのアパートで一緒に暮らし始めた。
    ふたりとも親から学費だけは出してもらえたけど、生活費は自分たちでってことだったので
    あちこち探して見つけた古いアパートだった。
    間取りは「円」の字のような感じで同じ広さの6畳2間をそれぞれの部屋にして、円の下半分の部分にあるDKを共用スペースに。
    大学やアルバイト先は別々だったけど、毎日が合宿みたいで楽しく暮らしてた。

    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その18

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ