analyticstracking.php
         
    スポンサードリンク

       

         

    感動話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    226: ◆8B8X/67LrWes 2014/06/20(金)22:15:08 ID:3rxPDZKWG
    自分の人生が結構な修羅場。
    長いです。

    幼児期の私は所謂放置子だった。
    三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
    小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
    小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
    大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
    虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
    そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    402: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)09:04:53 ID:PQY
    先日祖母の米寿のお祝い会があって、宴の中盤で「じゃあみんなからばあちゃんになにか一言ずつ」ということになった
    途中まではみんな当たり障りのないお祝いメッセージだったんだけど、流れが変わったのは父のターン


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    278: 名無しさん@おーぷん 2017/07/26(水)02:19:52 ID:zdG
    衝撃的な出来事と言えば、7月に後期教育隊への異動があり、前期教育隊の送り出し行事にやって来ていた区隊長の奥様が元、自分の小学校の教師であったことを知った。

    私の小学校は学級崩壊レベルで荒れており、児童に暴行されて負傷、入院した副担任の代わりにやって来た30代後半くらいの女の先生がいた。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    223: 名無しさん@おーぷん 2017/07/21(金)09:34:47 ID:BNU
    夏になったら毎年思い出す体験

    小学校高学年の頃、いとこたちに混じって叔父さんに海に連れていってもらった
    腰より下の浅いとこできゃあきゃあ遊んでいたんだけど、叔父さんが突然鬼のような形相になって子供たちに「浜にあがれ!」て怒鳴って、ざぶざぶ別方向へ走っていった


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    316: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)09:50:19 ID:RtV
    いい意味で衝撃的だった体験。

    同居嫁なんだが、結婚した頃義妹がまだ未婚で家に居た。
    この義妹が本格派のおデブさんで、どうも私のことを気に入らないらしく、必要最低限しか話しかけてこないし、こちらが話題を振ってもスルーされることもしばしば。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    301: 1/2 2017/07/15(土)14:26:53 ID:xor
    東北の大震災のとき、会社の対策室に24時間待機命令が出て、私だけが唯一の女性としてその中にいた

    食事で備蓄のカップ麺を出したら、50代半ば以上の男性のほとんどが作れなくて、戸惑ってて驚いたよ

    「これは先にお湯を入れて、ツユは油が固まっているからフタにのせて温めて・・・」ってやったら、全員おお~って感動してて笑ったw

    そこにいた人のほとんどが、東大とか東工大とかの理系の高学歴なのにw
    フタに説明が書いてあるよと言っても「老眼で見えないんだよ~」とか文句たれてたw

    引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板47

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    129: 名無しさん@おーぷん 2016/09/13(火)16:25:23 ID:TX1
    大型ショッピングセンターで、2歳と0歳の子と歩いてたら2歳子が突然嘔吐。
    咄嗟に私が手で受けたけど受けきれず、廊下に吐しゃ物が少し落ちてしまった。

    両手で受けちゃったから私身動き出来ず、0歳子はベビーカーでギャン泣き。

    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    618: 名無しさん@おーぷん 2016/02/09(火)18:43:51 ID:hBN
    母親がスナックのママだったこと
    母は私が赤ん坊に父と離婚したので、その後は私と祖父母と母で暮らしていた
    私が物心つく頃には、母は『食堂』で働いていると説明していた
    夕方にバスで家を出て、深夜私が眠ったあとタクシーで帰宅する、そんな生活だった
    でも寂しくはなかった

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    355: 名無しさん@おーぷん 2016/05/13(金)15:05:33 ID:dzh
    嫁、当時婚約者が仕事中に交通事故(交差点でカマ掘り)起こしてしまったのが、修羅場の始まり

    事故相手は、後遺症無し一週間で退院ってことだけど、嫁に前科が付いてしまい、別れようと言われた
    彼女いない歴年齢だった俺が惚れて、何とか婚約までいった相手で別れるなんて考えられなかった

    運転してりゃ誰でもやってしまう可能性はあると説得するも、俺の親父が取り締まる側の立場で、迷惑がかかるからと嫁の両親も慰謝料持参で謝りに来た

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    459: 名無しさん@おーぷん 2015/09/18(金)15:23:51 ID:XEJ
    父が急逝し母親が鬱病状態で、当時4才だった私は放置子だった
    お腹減っても、母親は仏壇の前に一日中座ってて、目の前にたっても私の存在自体忘れられてた

    完璧に違う世界行ってた母親が、置物にしか思えなかった
    親戚も居ないので、本当に誰も世話してくれない
    お腹を満たすため、公園で草とかヘビイチゴとか食べるのが日課

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ