analyticstracking.php
         
    スポンサードリンク

       

         

    感動話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    891: 名無しさん@おーぷん 2017/10/03(火)12:10:39 ID:ygn
    10年以上前、3連休の初日に兄嫁がうちにアポなし託児していった
    姪っ子が兄嫁からの手紙を持たされてて、あさってまでよろしく!とのこと
    兄嫁&兄に連絡してもつながらないし、私両親も兄嫁両親も遠方

    当時独身だったのでどうしていいかわからず、警察等への通報という発想もなく
    しかたなく家に上げたけど、子供が楽しめるものが一切ない

    引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板50

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    465: 1/2 2014/06/30(月)19:21:28 ID:vkk2C76f6
    高3の3月、免許取り立ての俺は大学入学までの暇な時期に家の車を借りてばあちゃんの家に遊びに行った。
    親父が6人兄弟の末っ子なもんだから当時の時点でばあちゃんは90歳近くだったが中々アクティブで、
    「せっかくだから孫太(俺)、ドライブ連れてってくれ」とか言い出すので近くの花見スポットへ行くかー、と
    ばあちゃんと連れ立って表へ出た。
    すると、隣家(と言っても田舎だから数十メートル離れてる)の様子が何かおかしい。やたらと犬が吠えてる。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    932: 名無しさん@おーぷん 2017/09/21(木)10:50:58 ID:AoU
    弁当屋の祖母が店を閉めるのでリース品でない道具を家に置いて行った。
    刃付きのレバーを下すと野菜が均等に切れるやつのでかいバージョン。

    息子がレバーを下す動作を気に入り積極的に家事を手伝うようになり、反抗期で家族を避けていた娘も楽しそうな弟につられて徐々に輪に加わった。
    半月が経った頃には口を開けば嫌味ばかりで帰宅するなり自室にこもるような夫すら一緒に食卓を囲んで後片付けなんかもしてくれるように。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    241: 名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水)13:09:01 ID:WRU
    40後半独り身男
    結婚して子供がいてっていう世間の『普通』に疲れ果てて
    いっそお前らとはぜんっぜん違う未来選んだるわいって一念発起
    隣の家まで畑何枚もはさむような過疎地に家買って引っ込んだ
    仕事も同じ分野で空きがあって安泰
    運よく周囲の人は親切で妙な詮索しないし
    地域の活動にちゃんと参加したおかげで そこそこ仲良くなって野菜とかもよくくれる

    でも最寄りの若夫婦に親切にされるのが本当にしんどかった


    引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板48

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    953: 名無しさん@おーぷん 2018/05/08(火)15:06:15 ID:xxN
    先月トメが他界して行政書士さんに頼んでた遺言状の公開があったんだけど、付言事項?だったか、遺言状って結構色々書くもんなんだね

    ウトは10年前にガンで他界してて、トメもガンで亡くなったんだけど、住んでた家屋は処分して現金化したら預金と併せて、旦那姉4、旦那3、旦那弟3とかで、その配分にした理由も書かれてて(我々夫婦、旦那弟夫婦は義実家から遠距離で、トメの最期の一年の通院入院は旦那姉がメインで面倒見たことへの感謝料だと)、色々理由を書かれれば「勿論そうだよね」って気持ちにすぐになれた


    引用元: ・スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op13

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    226: ◆8B8X/67LrWes 2014/06/20(金)22:15:08 ID:3rxPDZKWG
    自分の人生が結構な修羅場。
    長いです。

    幼児期の私は所謂放置子だった。
    三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
    小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
    小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
    大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
    虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
    そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    402: 名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金)09:04:53 ID:PQY
    先日祖母の米寿のお祝い会があって、宴の中盤で「じゃあみんなからばあちゃんになにか一言ずつ」ということになった
    途中まではみんな当たり障りのないお祝いメッセージだったんだけど、流れが変わったのは父のターン


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    278: 名無しさん@おーぷん 2017/07/26(水)02:19:52 ID:zdG
    衝撃的な出来事と言えば、7月に後期教育隊への異動があり、前期教育隊の送り出し行事にやって来ていた区隊長の奥様が元、自分の小学校の教師であったことを知った。

    私の小学校は学級崩壊レベルで荒れており、児童に暴行されて負傷、入院した副担任の代わりにやって来た30代後半くらいの女の先生がいた。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    223: 名無しさん@おーぷん 2017/07/21(金)09:34:47 ID:BNU
    夏になったら毎年思い出す体験

    小学校高学年の頃、いとこたちに混じって叔父さんに海に連れていってもらった
    腰より下の浅いとこできゃあきゃあ遊んでいたんだけど、叔父さんが突然鬼のような形相になって子供たちに「浜にあがれ!」て怒鳴って、ざぶざぶ別方向へ走っていった


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    316: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)09:50:19 ID:RtV
    いい意味で衝撃的だった体験。

    同居嫁なんだが、結婚した頃義妹がまだ未婚で家に居た。
    この義妹が本格派のおデブさんで、どうも私のことを気に入らないらしく、必要最低限しか話しかけてこないし、こちらが話題を振ってもスルーされることもしばしば。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ