analyticstracking.php
         
    スポンサードリンク

       

         

    マジキチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    19: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:31:12 ID:KzY
    ついこないだの話だけどまだイライラが収まらない

    こないだ子供達と一緒にジム友の間でも話題に上がってたラーメン屋に入ろうとしたら、いきなり後ろから変な小太りの男に肩を掴まれた

    何って思って振り向くと、先に入るのは自分だと言って聞かない


    引用元: ・その神経がわからん!その42

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    61: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)14:33:24 ID:RGx
    理系の大学の4年生だった時のゼミの担当教授の神経わからん話。
    私は一人っ子で大学のある町で一人暮らしで父は単身赴任をしていた。
    そんなときに電車で2時間の距離で実家に住んでいた母ががんであることが判明した。
    4年で就活も終盤、卒研も忙しい時期だったけれども
    手術や投薬治療を一人でがんばっている母をなんとか支えようと、
    担当教授に話をしてできる限り週末は実家に帰りたい、と相談したところ、
    「俺の嫁も同じガンになったが、5年経ってもピンピンしている。
    ちょっとガンになったくらいで休むとか怠慢だ。お前に紹介した会社の内定を辞退させるぞ」
    と怒鳴って脅された。(当時、私の通っていた大学は教授に紹介された企業に入社する、というようなものが多かった)


    引用元: ・その神経がわからん!その42

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    48: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)09:17:04 ID:msN
    会社の同僚A子(30代)が神経分からん話。フェイクありで長くなってしまった。

    事務系の仕事してるんだが、お昼はA子も含めた6人で、空いてる部屋で食べることが多い。
    全員すっごく仲良し!ではないけれど、同僚なのでまあ、それなりに会話はするって感じの間柄。
    そのうちの一人20代のB子が、去年結婚してたってのを、どこからともなくA子が聞きつけた。
    今まで、あまりお互いのプライベートを聞くことはなかったから、B子結婚のことは私たちも全然知らなかったのだが(職場では旧姓で通すことにしたかららしい)、これにむちゃくちゃ食いついたA子。

    引用元: ・その神経がわからん!その42

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    15: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)14:49:31 ID:fbc
    以前に勤めていた会社の直属の上司が神経わからん奴だった

    父がなくなったので忌引きを申請したんだけど、3日休んで出勤したら
    上司から「お祖父さんがなくなったくらいで、なんで3日も休んでるの?」と怒られた
    いや、なくなったのは祖父ではなく父で、忌引きの申請書を確認したのはその上司

    引用元: ・その神経がわからん!その42

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    969名無しさん@おーぷん : 2018/05/18(金)23:35:12 ID: ID:YrL

    脳梗塞を起こした義父と義祖母を介護してる
    義祖父は痴呆がひどいので施設に入ってる
    旦那の家系は代々農家で、義実家は地震と津波の影響で大打撃をうけたため、資産というものもほとんど無い
    つまるところ家計結構カツカツの状態で二人介護費&一人の施設費を払ってる
    義祖母も施設に入れたいけれど、お金が無い


    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    721: 名無しさん@おーぷん 2014/07/10(木)16:37:25 ID:RVJRK3zgo
    数年前に娘がトラックに跳ねられた。意識が無く重症だと職場に電話がかかってきたので半狂乱になりながら帰り支度。
    上司は「早く行っておいで!」と言ってくれたので急いで廊下を走った。
    すると、向こう側から嫌いな男が歩いてきた。自己中心的でわがままな男。その男が、
    「私さん、15時からの緊急会議に出席してくれないか」と言ってきた。
    「娘が事故に・・・」と説明しても、「それ娘の自己責任じゃん。事故だから自己責任なんつってw」とわたしの腕を引っ張ったので振り払って走った。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    692: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)21:08:10 ID:AxnZfmlB3
    一応終った修羅場です。
    初カキコ&フェイクありなので、辻褄合わなくてもご勘弁。
    長いので、分けますね。

    とりあえず、スペック
    私:20代後半 地味顔+童顔 持病有 自宅で仕事してる
    旦那:ぎりぎり30代 そこそこイケメン 写真家


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    639: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)14:30:16 ID:C0RuPnTfb
    修羅場といえば、友人に勝手に私の携帯で彼氏にお別れメールを送られた。
    友人は私のアパートに泊まりにきてたのだが、酒飲んで眠りこけているときにやられた。
    別れメールが送られた直後、何度か彼氏から電話があったようだが、友人に隠され目が冷める事がなかった。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    509: 名無しさん@おーぷん 2014/07/02(水)15:12:44 ID:HKxkwf1br
    郊外駅の東側の駅の傍に家がある、
    昔は農家だったが自家用野菜と米だけを作って、父も俺も勤め人になっている。
    駅を挟んで反対の西側に市道に抜ける大きな道があり、駅から出るバスも出ている。
    実家から駅に出るのに、敷地内に2メートル幅の用水路があり、40年前に実家から駅側に車が出られるように橋を付けた。
    実家のある東側は、田畑しかなかったので、実家から駅に出られるようにした。
    大きな道がある西側に店や家も出来て人通りも多かった。
    実家のある東側の実家の畑に隣接して工場が出来た。

    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    469: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)20:30:41 ID:5jsuP3oNG
    教員になるという夢をめためたに破壊された修羅場。

    中学生の時、国語の授業で意見文を書くというのがあった。
    教員側が課題として提示したのは「少年法について自分の意見を述べよ」というもの。

    私は、少年というだけで「子供だから更正の余地あり。皆で温かく見守りましょう。」みたいに擁護されるのはおかしいし、被害者サイドに「寛大な心で許せ」と我慢を強いる風潮も理解できない。
    だから、重大な犯罪犯した少年に対して少年法を適用することには反対、みたいなことを書いて提出。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ