analyticstracking.php
         
    スポンサードリンク

       

         

    怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    682: 名無しさん@おーぷん 2018/08/28(火)20:29:54 ID:wUD
    オートロックで警備員付のマンションの15階に住んでる

    先月のある夜中、ふとトイレ行きたくて目が覚めたら包丁持った知らない男が私の胴を跨ぐ格好で見下ろしてて刺された
    走馬灯は走らなかったけど猛烈に痛かった
    本当に痛い時って声が出ないんだと初めて知った
    (てか誰こいつ?怖い助けてお母さん顔覚えてやる痛いごめんなさい恨んでやる冷蔵庫のコストコのティラミス血が…)と、思考が止まらなかった
    それまでは身体があつかったのに寒気を感じたから(あ、これヤバいわ…)と思ったのを最後に気を失った

    引用元: ・今までにあった最大の修羅場を語るスレ9

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    367: 名無しさん@おーぷん 2017/08/12(土)20:50:22 ID:dpU
    夫が銭湯で財布を失くしてきた
    気付いたのは帰宅後しばらくしてからで、戻って探したけど見付からなかったそうだ
    急いでクレカの停止したり保険証や免許証を再発行したり警察に紛失?届(この辺曖昧)を出した


    引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板48

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5: 名無しさん@おーぷん 2014/07/23(水)23:20:33 ID:5zEbsSuMm
    幼稚園から小学校低学年のころにあったこのきっと人生で一番の修羅場を話そうと思います。
    こういうことを語るのは慣れていないから分かりにくいし話も長くなります。
    ざっと登場人物出すとこれぐらい
    ・私
    ・友人達
    ・弟(2人)
    ・お姉さん

    私の町は小さい割には少し発展していて当時私と友人はその小さい町からちょっと山の中に入った場所に住んでいたんだ。
    山の中ということで田舎だけど近所付き合いや町内での動きが活発だった。
    友人たちはマンションに住んでいたんだけど私は公園を挟んで反対側に住んでいた。

    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その4】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    571: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)19:11:19 ID:ipOq7vuO9
    修羅場すぎて今でもドキドキしてる。
    その日は私も夫も休みで、小学4年生の娘だけ学校でいなかった。
    午後3時半ごろ、二階にあがる階段付近で物音がするから二人で見にいった。
    そこで見たのは俯いた娘がランドセルを背負ったまま階段をのぼっているところだった。
    夫が「あいつ、ただいまも言わずにどうしたんだ?」と二階に上がろうとした瞬間、玄関の扉があいた。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    443: 1/2 2014/06/30(月)01:43:42 ID:GMenQhu9r
    幼い頃に大怪我した話
    もう25年ほど前、俺が2歳半くらいの時に起こった出来事
    当時元気が有り余ってた俺は、目を離すとすぐトテトテ歩きまわって物を倒したり、
    台所の戸棚を開けて醤油をぶちまけたりといたずら小僧だったもんで、
    親は何か怪我したりしないかといつも気が気じゃなかったらしい
    だから、大怪我した当日も親に見守られながら絵を描いていたんだけど、
    俺が当時好きだったアニメの絵を描き上げ、
    親のところへ持って行くために立ち上がり歩こうとした時にそれは起こった

    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    458: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)16:04:39 ID:WG8VexHjM
    私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
    ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。

    ある日、姑が「ねぇ、嫁ちゃん・・・」と神妙な顔をしながら話しかけてきた。
    娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。
    初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、部屋を覗いてみると誰もいない。
    またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    145: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)13:18:10 ID:aHj
    電車で通勤してるんだけど、仕事帰りに隣に座った親子連れが衝撃だった。

    その日は終電に乗ったから夜の12時過ぎてた。人もまばらなのに私の隣に座ってきた3歳くらいの女児連れた女。
    女は子供を目の前に立たせて、電車は動き出した。座らせればいいのになぁと思いつつ疲れてたので降りる駅まで寝ようと思い目を閉じる。
    しばらく寝れずにいると、隣からブチッ…ブチッ…となんか千切るみたいな音が。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    88: 名無しさん@おーぷん 2017/10/02(月)10:06:56 ID:38a
    大学のとき隣の部屋の子が時々外に向かって「うるさい!」って叫んでた
    最初はうちのテレビの音かと思って音量を絞ってたりしたけど、仲良くなれたので「ごめんね、テレビうるさかった?」と聞いたら
    「違うの、窓の下まで来て悪口を言うつきまとい女がいるの
    学校でも追いかけ回されてるの(以下つきまといへの愚痴)」


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    80: 名無しさん@おーぷん 2017/10/01(日)18:24:14 ID:VsH
    友人たちと3人のグループで登山旅行をしたとき、山小屋に泊まった。
    部屋には二段ベッドが2つ設置されていて、
    友人Aが片方の上段に、BがAと同じベッドの下段に、
    私はもう一方のベッドの上段に寝て
    私の方のベッドの下段には荷物を置いていた。
    翌朝早くに出発するので寝なきゃいけないのに
    その日の晩は妙に頭が冴えてなかなか寝付けなくて
    向こうのベッドのふたりの寝息が聞こえてくるから
    余計に焦って羊を数えていたら
    なんかベッドの下の方から人がいる気配がした。


    引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    75: 名無しさん@おーぷん 2018/05/18(金)12:20:38 ID:BWU
    わが家の2歳児が数日前から風邪引いてて、心配だから夜目が覚めた時には、子の布団掛け直したり、寝てる様子見たりしてたんだけど

    昨晩寝室の豆電球の明かり点けて隣で寝てる子の様子みたら、何かすごい姿勢で寝てるんだよね
    仰向けで寝てるのに、顔はうつぶせみたいな
    「子供って首も柔らかいんだな」と驚きながら首の向きを直してやろうとしたら、顔が無くて頭全部髪しかないんだよ

    何度見ても全方位後頭部


    引用元: ・スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op14

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ