analyticstracking.php
         
    スポンサードリンク

       

         

    神経わからん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    25: 名無しさん@おーぷん 2018/07/25(水)13:55:55 ID:tNw
    (元)友人Aの神経がわからん話
    Aは趣味が高じてそれを職業にできた人で(例えるならダンス好き→ダンス教室のインストラクター)
    才能はあったし十代の頃からその道で食べていけるよう努力を怠らない人だった
    教室では何クラスか任されていて私たち友人から見てもとても充実しているようだった
    でもあるインディーズのアーティストにハマって変ってしまって
    仕事を辞めてそのグループの追っかけをすると言いだした

    引用元: ・その神経がわからん!その44

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    13: ■忍法帖【Lv=0,作成中..】 2018/07/25(水)08:13:11 ID:pvz
    子供産んだら身なりに構わなくなって、ヒス起こしてばかりの奥さんが嫌になって離婚を切り出したという知人
    奥さんその日は黙って寝室に引っ込んだけど、翌日「専業の私が今から一人で生活できるほど稼ぐ仕事を見つけることは不可能だから、離婚するなら子供はあなたが育てるのと私が仕事を見つけるまでの生活費を負担するのが条件、子供を引き取る気がないなら養育費と生活費で最低これくらい毎月仕送りをしろ」と、お金の計算した紙を見せて事細かに説明してくるから驚いて「お前母親だろ?」と言ったら「あんたは父親だろ」と逆ギレされたって、自分が一方的に離婚を切り出しといて被害者ぶる神経がわからん


    引用元: ・その神経がわからん!その44

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    259: 名無しさん@おーぷん 2018/05/19(土)13:08:14 ID:L22
    大学時代に付き合った元彼氏。二ヶ月しか付き合わなかったのに4㎏痩せた。
    ある文科系サークルで、同じ係になって親しくなり付き合うことになったはいいんだけど
    付き合った直後からやたら友達に会わされるようになった。
    二人きりのデートなんて今思えば1~2回くらい。
    付き合う前の方がよっぽど恋人っぽかった。二人だけで映画観たり、食事できたし。


    引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 6

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    296: 名無しさん@おーぷん 2014/08/09(土)07:26:51 ID:42SDfbHRV
    大昔の話。出掛けて帰ってきたら、住んでた市で子供が襲われて亡くなる事件があった。地元の隣の区で夜にテレビで見ながら両親と怖いなと話してた。
    事件がトップニュースでなくなった頃、家に警察が来た。
    親がいなくてバイト休みだった俺が対応した。住民調査か何かで色々聞かれた。
    それからどれくらい経ったか忘れた頃。バイトが休みで寝ていると親に起こされた。
    警察の人が来ていて話を聞きたいと。

    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その4】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    977: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)02:26:45 ID:YkS
    同僚の神経がわからん。
    なぜ本人の許可なく勝手に約束を取り付けるんだ。

    私:お客様のお問い合わせ電話メイン担当
    同僚:私が休憩や休暇の時の臨時担当

    仕事は登録型のアプリサービス。
    利用方法や登録解除の仕方の問い合わせを電話で案内するのが私の仕事の一つ。(他にも業務ある)

    引用元: ・その神経がわからん!その43

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    986: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)11:42:04 ID:3E0
    あっついけど父と兄にコロッケ希望されたから汗だくになって作った
    ジャガイモ茹でてつぶして、炒めたひき肉とたまねぎと合わせて、俵型に成型してバットに並べておいた
    そしたら弟にそのコロッケ未満を全部食べられた
    中学生になって部活始めたら餓鬼になった弟
    お腹がへったと言えばこっちだって何か与えるのに、黙って来て黙って食い尽くす

    引用元: ・その神経がわからん!その43

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    933: 名無しさん@おーぷん 2018/07/21(土)21:04:37 ID:vJp
    両親の知り合い主催のイベントに手伝いに行って
    帰りがまあまあ遅くなったんで主催者がうちの家に夕食として寿司を届けてくれた。
    家族4人分の寿司が大きい桶に入っててみんなで食べようとしたら
    兄が「俺は魚嫌いだから自分が食えるやつを先に貰うわ」つって鮪、サーモン、ネギトロ、ウナギを皿に取り始めた。
    しかも「これぐらいは食わんと足らんな」と言ってゴッソリ取って行った。


    引用元: ・その神経がわからん!その43

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    949: 名無しさん@おーぷん 2014/07/23(水)10:19:39 ID:TmHmYuDdF
    すまん。家族のことに関してなんだがちょっと愚痴らせてくれ・・・
    そこそこ昔の事なのにまだ心に残ってると言うか・・・
    俺がおかしかったら俺のことを叩いてくれて全然かまわない。
    去年の春に俺の実兄が仲間たちと渓流釣りに行った帰りに連絡が取れなくなった。
    山道で、しかも夜だよ・・・兄貴の友達が急に俺の家に来て
    「お前の兄貴が釣りの帰りに事故っちゃって。夜道だから探すの手伝ってくれ!」
    とやってきた。


    引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    912: 名無しさん@おーぷん 2018/07/21(土)08:33:27 ID:Ulc
    兄夫婦が結婚、兄嫁の希望で両親に同居を打診。
    「娘(私)が家を出たら2人で全国を旅するのが夢だったから同居は出来ない。管理してくれるなら家に住んでかまわないよ。」と同居を拒否。
    そのやりとりのすぐくらいに両親は全国旅へ出発、兄夫婦は実家に住んだ。

    ところがそれから約半年で兄夫婦が離婚危機に。


    引用元: ・その神経がわからん!その43

    記事へのボタン用

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    913: 名無し 2018/07/21(土)08:33:39 ID:H5z
    昨夜寝つく時に思い出した話。

    若い時に田舎の予備校的な職場で働いていた。
    浪人生の他に、まずは高認とるためにって働きながら通ってる子もいた。
    その中にAちゃんって子がいた。

    昼頃予備校にくる他は、確か朝は某ファストフード店、夕方から深夜にかけてコンビニで働いていた。

    引用元: ・その神経がわからん!その43

    記事へのボタン用
         

    スポンサードリンク

       

         

    このページのトップヘ