340: あなたの知らない井戸端の名無しさん 2018/01/26(金) 12:45:01.77 ID:QMvYE0YC
ついさっき、認知症の母から電話があった。らくらくホンの操作も怪しいレベルだが、たまたまワンボタンで 
俺と繋がる事を思い出したらしい。次にいつ思い出すかはわからない。 



引用元: 
・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第196話


認知症との会話は苦痛で、10分で3回も同じ事を話す。でもそれを指摘してはいけないそうで、ハイハイと
相槌をうって聴いてやらなくてはならない。

父が亡くなってもう9ヶ月も経つのに、つい昨日亡くなったから姉の近所に引っ越して面倒を見てもらっている
ように話す。

母さん、49日はとっくに過ぎたよ。それからあなたが今住んでいるのは独り暮らしの自分の家ではなくて
嫁に行った姉さんの家だよ。そう言いたい言葉を飲み込んで、泣きながら相槌をうち続けた。

俺は事情があってあなたの面倒はみれないから、姉さんに丸投げしてしまって本当に申し訳ない。
ずうずうしい事この上ない。

ただね、子供たち(孫)は、あなたの事が大好きだよ。先週電話で話した事も忘れて、たまには孫と話したい
と言うけれど、孫達はあなたの事を決して忘れたりしていないよ。そしてあなたはすぐ忘れてしまうけれど、
息子は国立の博士課程で、娘は私立の修士課程で、勉学も仕事も頑張っているよ。

あなたに何もしてあげていないのは俺だけだ。本当にずうずうしくて申し訳ない。母さん、ごめん。



341: あなたの知らない井戸端の名無しさん 2018/01/26(金) 13:33:49.41 ID:etdnUzH3
事情は分かんないけど
お母さんに会いに行ってそれを言えばいいじゃない
そして丸投げ先のお姉さんには思うところないんかい