このエントリーをはてなブックマークに追加
116: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/11 14:54:59.78 ID:ozCCWZei.net
愚痴というか相談というか、もし自分に同じ事が起きたらどうするか教えて欲しい 

転職活動をしている 
8月末に面接に行った会社が仕事の内容が求職票に書いてる内容と結構違った 
誇大広告みたいな感じ 

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
293: 名無しさん@HOME 2016/04/12 22:51:26.83 ID:???
うちはウトが自営で、旦那も私もコトメもウトの会社で働いてるんだけど、そこによく来る取引先の男性がいて、その人が来たらコトメがなんか不機嫌になる。 

いい人だと思うんだけど、コトメあの人のこと嫌いなのかなーと思ってた。 
でもそうだとしても、いい年した社会人が取引先の人相手にその態度はないだろうってくらい 
ブスーッとした顔で、その人に話しかけられてもフン、って感じだった。 
そんな態度取られても、相手の男性は大人の対応でにこやかに接してたけど。 

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
89: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/11 10:10:52.54 ID:P34+Xo7N.net
普段は友人として普通に接している連中相手でも、みんなで飯を食いに行く時とか 
特に壁を感じる 

俺が「そろそろ行こうぜ」って言っても、みんな「うんそうだねー」って感じで全然動き出さないけど、他の誰かが「行くか」って言うと動き出す 

俺がいなくても、何事も無いかのように進むけど、他の誰かが欠けてると、そいつに連絡取ったり待ったりする 

俺以外の奴が、財布を取りに行ったり便所行ったりするとみんなそれを待つけど、俺が靴ひも結んでたりしてても、完全無視でみんな先に行く 

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
506: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/16 23:35:50.36 ID:KX3J1YGF.net
学生時代、摂食障害にかかって精神科に入院していた事がある。 

当時はそれで留年したりそれなりに大変だったけど、今はもう完治していて普通に社会生活を送っている。 

当時の事は別に恥ずかしいとも思わなかったので、他人に学生時代の事を尋ねられた時には普通にその事を明かしている。 

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
947: 名無しさん@おーぷん 2016/12/12(月)01:06:41 ID:5qd
同僚と昼飯に牛丼屋に行こうとしたとき同僚が凄く嫌がった
理由を聞くとそいつは学生時代その牛丼屋でバイトをしてたらしい
そしてバイトの時はとにかく客はうざい存在で何で来るんだよと腹を立てていて、バイト仲間も大体そういう気持ちだったらしい

そういう客を心から敬わない奴らの飯なんか食いたくないとの事だった

俺としてはバイトに心からの敬いを要求するのはどうかと思う反面
確かにバイトとはいえ客を心から敬わないとかふざけるなと思うところもあってもやもやしてる


記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
179: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/31 04:53:57.16 ID:u2pZv2QB0.net
私が体験した実話 

都内で一人暮らししてるんだけど、 
夜中3時半頃、ベットでスマホいじってたら「ピンポーン」てチャイムが鳴った。 

私には夜中に尋ねてくる友人などいない。 
というか、どの時間帯にも遊びに来る友人なんていない。 

シーンとした夜中だから、インターホンの音が際立って聞こえて、ビビり半分「誰?」って疑問半分。 
酔っ払った住人が、自分家と間違えて押すこともあるかもだしと、ベットから出ずに考えてたら「ピンポーン」て2回目のインターホンが鳴った。 


記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
42: 名無しさん@おーぷん 2015/05/17(日)11:51:36 ID:tDy
義弟(夫の弟)嫁に、義弟と浮気してるだろう!と怒鳴り込まれたことがある。
もちろん事実無根。

私は夜勤のある仕事で、義弟が外泊したという日のタイムカードを提出したり結局アリバイが確認されて疑いは晴れたんだけど、とにかく大変だった。

義弟嫁は泣きわめいて話にならないし、義弟はオロオロするだけで止めないし、夫が信じてくれたのだけが救いだった。

浮気疑惑は晴れたけど、義弟夫婦は結局離婚。
子供はいないし、性格の不一致ということで貯金を分けて円満?離婚した。

1年後、義弟が再婚。

記事へのボタン用
     
 
     

このページのトップヘ