このエントリーをはてなブックマークに追加
687: 名無しさん@おーぷん 2017/11/27(月)09:51:10 ID:ZWm
俺がバイトしてたのは個人経営の飲食店。店長はオーナーの親戚ってだけで雇われたおっさんで、オーナーが来る時以外は事務所でテレビ見てて店にはノータッチの役立たず。

実際はパートとアルバイトで店を回していたんだけど、責任の所在をはっきりさせておくために、店にかかわる決定は形式だけでも店長にさせる、という環境だった。ここまで前提。



引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
425: 名無しさん@おーぷん 2017/10/04(水)17:19:11 ID:SK2
私の母親は父の母親と妹3人と弟1人と結婚当初から同居していて
相当ストレスをためてたと思うのでいまさら責めるつもりなんかはないんだけど、
父方の人間の望むような息子じゃなくて娘を産んでしまって
本当に苦労したと思う。
それでもよくものさしやはたきの柄で殴られた。
本当に些細な理由で。


引用元: ・スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part81

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
685: ■忍法帖【Lv=1,きめんどうし,IZX】 2017/11/25(土)15:21:41 ID:XMX
小さい衝撃だが

ネットで見かけて面白そうと思った漫画を購入した
女の子が色んなダメンズに出会うショートストーリー
出てくる男はやれ自分の母親と彼女を比べるわ、彼女の家に転がり込んでは生活費も出さないわ、アラフォー過ぎて女は20前後までとか言っちゃう婚活男だとか、
2ちゃんに出てくるような話をかき集めた感じ


引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
395: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)22:12:55 ID:h3W
修羅場と言うか衝撃的と言うか、たぶんどっちも。
新社会人になって、初めて一人暮らし始めた時の話。
3階建てのこじんまりした単身向けマンションの一室に決めた。
1DKで6畳の和室と4畳半のDK。
6畳の和室には1間の押し入れがあって、枕棚がついてるので広々としてるのが気に入り
その押し入れの襖を外して上段にすのこを置いてベッド代わりに布団を敷いて使うことにした。


引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その25】

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
400: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)21:10:48 ID:hIL
自分がとあるハンドメイド作家さんを引退に追い込んでしまったかもしれないことが修羅場

昔好きだったハンドメイド作家さんがいて、よく通販やイベントで布小物を購入してた
ある時ハンドメイド作品販売イベントでその作家さんのブースに行き、黒い布小物を購入した

しかし、購入した物を待ちきれずに開けてみると(梱包済みの状態で売られていたので買った瞬間は中身まで確認してなかった)飾られていた見本は黒一色or紺一色でそのように表記もされていたのに、渡された品物は黒と紺が半端に混ざっている


引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その25】

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
407: 名無しさん@おーぷん 2017/10/04(水)14:52:32 ID:fr4
なんだか昔からしなきゃいけないことがたくさんあるのが嫌い。
スケジュール管理とかも苦手で、シフト制のバイトも好きじゃなかったです。
元から不器用なのかなんなのか、二足の草鞋とかが苦手で、学校の帰りにバイトとかがすごくダメでした。


引用元: ・スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part81

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
674: 名無しさん@おーぷん 2017/11/23(木)18:36:32 ID:Yo1
私がまだ5~6歳の頃だったかな?
幼稚園が長期休みになると必ず田舎の祖父のとこに泊まりに行ってた。

自宅あたりでは出来ないような遊び(木登りとか裏山探検)が出来るからすごく好きだったなぁ。


引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20

記事へのボタン用
     
 
     

このページのトップヘ