analyticstracking.php
     
スポンサードリンク

   


     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
510: 名無しさん@おーぷん 2015/02/21(土)18:57:26 ID:9gp
子供のころ、近所に知的にアレな男子がいた
動けるタイプで、一時期集団登校でお世話係がついてたりした

そいつは小学生だったがガタイがでかく、活動的なので力もあった
しかも女子好きで、男子は好かれてなかったが、それでも当時は小学生だったので、さほど面倒事はなかった
地域でも、なるべくその家族に協力していたと思う

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
168: 名無しさん@おーぷん 2014/12/25(木)17:40:30 ID:GTl
こちら1歳の女の子持ち。
私の元彼と旦那の元彼女に連れてかれそうになったわ

私、旦那、元彼、元彼女は全員同じ大学出身。
私が元彼に振られた原因が、旦那の元彼女との浮気だった。


記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
460: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)11:03:01 ID:LUG
おれは農家の長男。

祖父は兼業だったが親父は脱サラで専業農家になり、数年後雇用を機に法人化。
おれは大学卒業後2年ほど社会勉強した後帰郷して実家に入社、今は役員をやってる。

で、おれには帰郷してしばらくし、付き合った女の子がいた。Aとする。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
203: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)15:42:42 ID:b10
私がまだ中学生だった頃の話。

母方の実家が東北にあるので夏休みと冬休みには毎回のように家族で泊まりに行っていたんだが、ある年の冬には飼っているシベリアンハスキーも、連れて行こうということになった。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
455: 名無しさん@おーぷん 2015/02/09(月)09:53:41 ID:tbC
昔痴漢冤罪で、捕まりそうになった事がある。
電車を降りたら、女子高生に腕を捕まれて

「触りましたよね?痴漢です!」

って騒がれて、駅員だけじゃなくて人も集まってきて、マジでテンパった。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
52: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)19:06:34 ID:nJk
ずいぶん前なんだけど、学校から帰ってきたら家に包丁持った知らないおじさんがいた時は驚いた。

「忍者に追われてる、さっき奴らに手裏剣でコロされそうになったお前も奴らの仲間か!?」
って、包丁突きつけられて人生の終わりを覚悟したわ。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
100: 名無しさん@おーぷん 2015/02/04(水)00:46:55 ID:mKo
後悔してもしつくせない私の修羅場

昔4歳の頃、家のお風呂が壊れたので銭湯に行ってた
4歳でもう一人でお風呂に入れるので、お気に入りの金魚とアヒルの玩具を持って、父や祖父と別れて女湯へ

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
142: 名無しさん@おーぷん 2015/02/07(土)14:54:05 ID:z5w
父、母、弟の4人家族だけど、実は私だけ血の繋がりがない。
子宝に恵まれなかった両親が子供を諦めて施設から私を引き取ってくれた。
当時の記憶は全くないが、私が2歳の時らしい。

ところがその2年後に弟が生まれた。
ストレスから解放されて妊娠しやすくなったとか、そういうことなんだろうな。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
108: 名無しさん@おーぷん 2014/12/22(月)14:18:59 ID:txz
見知らぬ子からLINEが来て、可愛めの女子高生だった。
「ID検索間違えちゃいました!」らしい。

怪しいけど、遠方の子だし暇つぶし程度にLINEしてた。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
82: 名無しさん@おーぷん 2015/02/03(火)06:11:30 ID:2rT
10数年前に出奔した姉が正月に、いきなり2~3歳くらいの男の子を抱いて帰ってきた。

両親は数年間前に「スローライフをしたい」と親父の定年とともに田舎に引越していって、実家には俺が一人暮らし。
全く音沙汰がなかったのでびっくりしたが、とりあえず迎え入れて用件を聞いたら、要は金の無心だった。

母子ともに、俺でも知ってるブランド品で身を固めてるんだけど、薄汚れてて、風呂に入ってないのかやたらと臭くて参った。

記事へのボタン用
     
スポンサードリンク

   


     

このページのトップヘ