analyticstracking.php
     
スポンサードリンク

   


     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
621: 名無しさん@おーぷん 2017/05/31(水)12:14:03 ID:std
旦那よ、何故出勤前にカップを流しに置いて、水を溜めるということが出来ないんだ。

お前がそこで使ったカップを持ったまま左へ数十センチ移動すれば、もう流しなんだぞ。

お前の方が出勤ゆっくりなんだからそれぐらいやってよ。」と言うが、お前が出て5~6分後には私も出発するんだ。

というか、2時間くらいかけてゆーーーっくり優雅に朝食を食べてるお前と違って、双子の準備で朝バタついてるのがわかってるんだから、カップぐらい、お前自身で使ったカップぐらい片付けてもバチは当たらんと思うぞ。

いつもいつも調理台に置きっ放しのカップを見るたびに、このカップでお前の脳天をカチ割ってやりたい気分になるわ。

引用元: ・その神経がわからん!その32

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
60: 名無しさん@おーぷん 2015/03/15(日)01:50:47 ID:uFG
昔、従姉が突然子供連れて帰ってきたこと

当時従姉親である伯父の家は、近所にあって小さいころはよく遊んで貰った従姉

私が中学生の頃、従姉はハタチそこそこでちょっと特殊な仕事で一人暮らししていて、それが突然女の子の赤ちゃんを連れて帰ったと聞いて、母と一緒に訪ねて行った

従姉は仕事で不在で、伯母(伯父の奥さん)が本当に生まれたばかりの赤ちゃんを抱いていた

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その6

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
616: 名無しさん@おーぷん 2017/05/30(火)20:58:05 ID:iz9
数年前、とある観光施設内のレストランに昼食を食べに入った。混雑していたので順番待ちになり、いよいよ次が私と友人の番というところで、年配の女性三人のグループが食事を終えて出てきたのとすれ違った。

そのおばちゃんたちが
「あの人すごいね」
「図太いよねえー!」
なんて小声でひそひそしてるから「おやなんだろう?」と一瞬気にはなったけれど、呼びに来てくれた店員さんの後について、私たちはそのまま店内へ。

引用元: ・その神経がわからん!その32

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
567: 名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月)03:02:07 ID:9Bw
中学のときの教頭の神経わからん話。

小学校低学年の時に電車で習い事に通ってたんだけど、その時、道を聞いてきたお爺さんがいたんだ。
お爺さんは大きい荷物を持ってて、丁度同じ駅で降りるみたいだったから、途中までお爺さんの荷物を持つのを手伝った。

引用元: ・その神経がわからん!その32

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
608: 名無しさん@おーぷん 2017/05/30(火)16:25:48 ID:mRZ
昔同棲していた恋人の話

普段は病気とかしないんだけど、珍しく風邪をひいて、しかもかなりひどくなってしまい寝込んでいた
恋人に千円渡して、ゼリーやスポーツ飲料を買ってきてほしいと頼み、コンビニに買いに行ってもらった。

恋人が帰ってきて、ゼリーとポカリスエットを受け取ったんだけどそのまま恋人は自分の部屋に行った。
買ってきた内容的に、絶対におつりが500円以上は出るはずなのに何も言わない

引用元: ・その神経がわからん!その32

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
415: 名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火)11:32:52 ID:c1P
ネットで「伴侶の実家を自分の家だと思い込む」系の書き込みを時々見かけるけど、うちもそうだった。
今思い出しても腹立つ。

私は姉と一回り近く年が離れていて、姉が結婚した時中学生だった。
姉が結婚してすぐ、父が他界した。
突然だった。

家には専業主婦の母と、中学生の私が残され、母は泣き暮らしてた。
心配した姉夫婦が、しばらく同居してくれることになった。

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2: 名無しさん@おーぷん 2016/06/12(日)10:51:58 ID:amJ

ある特殊技能を持った同僚が家庭の事情で退職することになり、同じ技能を持っている人を採用してもらうように上司に頼んだのだが、もっと他にいたんじゃないの?と思うような人が正社員として採用されてしまった。

スペックとしては
40代、女性、既婚、子持ち
こういう人は会社にもいるからいいとして、特殊技能持ってるというのは嘘、仕事しないの三重苦に皆、振り回されることになった。

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
610: 名無しさん@おーぷん 2017/05/30(火)17:33:13 ID:mZs
母の哀愛玩子である兄から電話がかかってきた。

兄からの電話なんて初めてだから、びっくりして思わず「どうしたの?」と聞いてしまった。

兄が言うには
「俺はどうもおかしいかもしれない」
「優良な人間関係を築けない」

兄は現在アラサーだが友達が一人もいない。
彼女もいたことがない。

引用元: ・その神経がわからん!その32

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
586: 名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月)17:10:57 ID:qZf
もう数年前の話だけど、母と弟と3人で「今晩は外食にしよう」って盛り上がって、近所のレストランに予約の電話入れて、戸締りして車の準備してさあ出かけようって時、家の前に小汚いおじさんがいたのね

誰と思ったら、母が「もしかして○○さん?」と名前呼んで、よく見たら、それは20年前に母と5歳の私と2歳の弟置いて、職場のお金に手を付けて女性と海外に消えた父だった


引用元: ・その神経がわからん!その32

記事へのボタン用

    このエントリーをはてなブックマークに追加
309: 名無しさん@おーぷん 2017/06/04(日)15:34:56 ID:SXM
三十路半ばだけどまだプロ格闘技の選手をやってる弟が実家にいる
もちろん有名ではなく、タイトルも無く戦績はほぼ黒星
練習時間が確保出来ないからと、ずっとコンビニとかのバイトで正社員は経験なし

「俺は夢を追いかけてるんだ」みたいなこと言うけど、三十路半ばでフリーター暮らしで貯金もなくて、お金が足りなきゃ年金暮らしの親から小遣い貰って、実家で暮らして一文も入れずに何が夢だよと思う

引用元: ・スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op11

記事へのボタン用
     
スポンサードリンク

   


     

このページのトップヘ