740: 名無しさん@おーぷん 2017/03/29(水)16:38:02 ID:1RD
私(女)が小学5年生のときの話を少し。

夏休みは、スタンプ目当てでよく学校のプールに行っていた。
一応プールには監視員がいるじゃないですか。
その監視員が、今思えば危険な男性だった。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その17


大学生のお兄さんで、アルバイトだった。
子どもに何かあったらすぐ助けれるように、もちろん海パン。
私は結構ヤンチャだったので、すぐに目をつけられた。
けど叱られるとかじゃなく、主に遊んでもらってた(と当時は思ってた)。

後ろから抱きつかれるのは行くたび毎回あった。
そのとき下半身をお尻に押し付けられていた。

その人がヘリを背にし、私が対面した状態で海パンを掴まされたたこともあった。
けどどれも水の中だから他の人には分かりづらい。
俺のお姫さま~といつも言われていた。

2回目だけど、私はまだ小学生。
その遊びが何なのか、何を意味するものなのか、そのときはわからなかった。
「お姫さま」と言われて、素直に嬉しかった。

そのことを父母に話すと、今年はもうプールに行かないこと!と強く言われたのを覚えている。

言いつけを守り、それ以上何事もなく夏が終わって秋になり、しばらく経った頃。
小学校から家まで1.5kmくらい距離があり、毎日歩いて登下校していた。
私の家の近くに同級生は住んでおらず、残り200mくらいはいつも1人で帰っていた。
その日はたまたま妹(後出しですみません。小学1年生)と一緒に下校していた。

家まであと100mくらいのところで、後ろから来た車が横に止まった。
車通りが少ない道なので止まれた。
運転席の窓が開き、顔を出したのはあのプールのお兄さんだった。
「これ、読んで」
と言われて封筒を手渡され、すぐに走り去ってしまった。
妹は私のランドセルをぎゅっと掴んでいた。
後から聞いたら、お姉ちゃんがどこかに行っちゃうかと思った、って。
妹よ~!

家に帰り、夕ご飯のとき、父母妹の前で封筒を開けた。
中にはテレホンカードが入っていて、紙には電話番号が書かれていた。
父母の顔色が変わり、父はどこかに電話を、母は優しい顔に戻り、テレホンカードを預かっておくねと紙といっしょに持って行った。

それ以降あのお兄さんを見かけることはなかった。
もちろん電話もしなかった。

今思えば、あの日下校時に妹が一緒にいなかったら、もしかしたら車に乗せられていたかもしれない。
無理やりではないとしても、顔見知りだから乗っていたかも。
テレホンカードということは、家の電話からではなく公衆電話からかけてということ。
先のことをいろいろ考えてゾッとした。

無知でバカな私を、家族みんなで守ってくれたお話しでした。




ブログパーツ
     
スポンサードリンク
   

                   
      
                           
        

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット