155: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)11:54:01 ID:cPc
緞帳がゆっくり上がっていく時ってドキドキする。

大学入学式。
友達がおらず一人の私は、思ったより早く来すぎてしまい、壇上前最前列の席に着席した。
随分待って、やっと司会者が開始の合図をし、館内が静かになったと思ったら、急に明かりが落とされ真っ暗に。


引用元: ・笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】


そして流れる「ツァストラゥスはかく語りき」

プァープァープァプァー↑(緞帳が揺れる)
デンドンデンドンデンドンデンドン…(リズムにのって緞帳が上がり出す)

そのまま音楽にのって最後の、チャララー!チャーン!チャーーン!で全開。
そして壇上には「ハ」の字の形で座る、2人のおじいさん(?)

そこで司会者が開会からやっと二言目を発した内容は、2人のおじいさんは大学学長と副学長だった。
最前列の大迫力で見てしまったので、私はポカーンとしたが、他の人たちがどう思ったかはわからない。

大学入学式はそれしか覚えていない。
あと大学は地元民しか知らないようなF欄。

それから何年も経って、就職で地元を離れ都会へ引っ越し。
地元とは島も違う遠距離。

一人暮らしに慣れた頃に、妹が結婚すると報告があった。
一応帰省して顔合わせの席には出席したけど、その後の結婚式準備とか、そういう話は全く聞かず、何も知らないまま結婚式当日を迎え、新婦姉としてそっと参加。
披露宴前の式も終わり、近しい親族なのに案内されるがまま披露宴の自席へ着く。

時間になり大きな照明が消され、司会者が「新郎新婦の入場です!」の声とともに、壮大な演歌調の曲が鳴り響く。
新婦親族席の向かいにある、最も遠い壁の下から光が漏れ始めた。
よく見たら、壁じゃなくて緞帳だった。

緞帳が上がる毎に漏れてくる光とドライアイス。
BGMも相まって、八代亜紀みたいだなぁとか考えていた。

ある程度、幕が上がるとそこには紋付袴の新郎と、大奥の御台所かと思わんばかりの姿をした妹が。
その姿のまま、夫婦2人で満遍なく練り歩き高砂に着席して、普通の披露宴のような流れに戻った。

劇以外の舞台で幕が上がる様子に出会ったのは、この2例だけだけれど、演出に無駄に力が入るのはどこでも一緒なのか?

他の方も同じ経験があるかどうか、知りたくもある。


156: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)12:15:14 ID:c1F
何が起こるかわからない期待のドキドキじゃないのか


157: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)17:47:20 ID:Xey
いや、なんかズコーっとなりそうなドキドキ




ブログパーツ
     
スポンサードリンク
   

                   
      
                           
        

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット