767: 名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火)11:23:52 ID:mH2
伝わるかどうか自信ないけど書いてみる。
元彼が何かといえば「あの人は君が可愛いから嫉妬してるんだよ」と言うのが嫌だった。

ちなみに私は嫉妬されるほどの顔ではない。

引用元: ・その神経がわからん!その39


例を挙げると、たとえば挨拶して、向こうが挨拶を返してくれなかった時
「声が小さくて聞こえなかったかな」と私が思っていても、元彼は「君が可愛いから嫉妬して無視したんだ」と言う。

また、私がある人より先に仕事を任されることになり、相手の機嫌をそこねてしまった時も「君が可愛いから嫉妬して態度が悪いんだ」と言う。

明らかに顔は関係なく、上司の仕事の割り振りに対する不満を、私にぶつけてるだけなので、それを説明すると「上司は君が可愛いから任せた。彼女はそれを知っているから怒っている」と元彼は言う。

上にも書いた通り、私は上司にひいきされるほど可愛くないし、あくまで仕事上の軋轢であって、100歩譲って仕事ぶりを嫉妬された?と言えなくもないかもしれないが、元彼は「顔に嫉妬されているんだ」と言い張る。
元彼は100%誉めてるつもりで、100%私の肩を持ちたくてそう言ってるみたいだった。

でも言われれば言われるほど、私は冷めていった。
態度のよくない女性店員とか、左右をよく見てない飛び出し自転車の女子高生とか、全部「嫉妬だ」と元彼は言っていた。

どう見ても、その女性店員はお客全員に態度がよくないし、女子高生がぶつかりそうになったのは偶然なのに。
でも「そういうのやめて」と言っても通じなかった。

元彼は純粋に私を誉めて、かばって慰めてるつもりだった。
話の通じなさに疲れてしまって結局お別れしたけど、最後に会った時も「皆に嫉妬される彼女が自慢だった」と言われてゾっとした。
元彼は私じゃなくて「全女性に嫉妬されるキラキラ彼女」を妄想して、愛してたのかもしれない。
そういうのは、二次元彼女でやってほしいと思いました。

取引先の人なので、未だに月1~2度顔を合わすんだけど、言動が相変わらずで神経わからん。




ブログパーツ