214: 名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月)14:07:05 ID:VJE
学生時代にリーマンショックが起こった
バイト先で一気に客足が悪くなったと同時に、幽霊パートみたいな人たちが掛け持ちパートに入れないのか、全力でシフトに入るようになった
 

それまで慢性人手不足だったバイト先が、突然飽和した
その結果、学生で社員並みに働いてる私のシフトから、ごっそり削られた

残業でも当日の代打の打診でも、喜んで受けていた私のシフトが半分くらいになった
バイト先にしたら、パートさんよりも近いうちに辞める学生からシフトを削るのは当然だと納得して、でも実際問題お金が足りなくなったので辞めた

当時のバイト仲間で、社員になった子と偶然話す機会があって知ったのが、私のことを苦しい時に辞めて支えなかった裏切り者のように、未だに恨みを言われてるらしい

幽霊パートはワガママで、結局シフトは不安定で苦労したみたい
私にしたら、苦しい時に今まで力になっていた私を優先させないで裏切ったのは、どちらかというとバイト先の方だと思うので驚いた


215: 名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月)14:40:38 ID:0Vw
>>214
バイトの人員が飽和してるのに、バイト先は苦しい時だったの?
幽霊パートさんが戦力にならないのなら、社員ももっと考えればいいのにね


217: 名無しさん@おーぷん 2017/12/25(月)15:00:16 ID:VJE
>>215
苦しい時というのは、売上がガタ落ちしたことを指してるようです
時給のバイトに全く関係ないし、幽霊パートに文句言えばいいのに神経わからん



ブログパーツ