623: 名無しさん@おーぷん 2016/11/21(月)12:51:21 ID:Usj
当時私小4、妹小3。
両親共働きで、私の地域は学童上限小3までだったから、いわゆる鍵っ子で学校終わったら妹と二人で留守番してた。

帰ったら鍵とチェーンをかけて、チャイムがなったら「両親は出かけてていません」で対応して扉は絶対に開けないというのが親との約束だった。

ある日留守番してたらチャイムが鳴ったのでインターフォンに出た。
すると「宅配ですけどー、開けてくれないー?」
なんだか口調は乱暴だし、宅配会社の名前は言わないし、この時点で幼い私は警戒心マックス。
絶対に扉を開けない約束もあったので、「親がいないので開けられません」「判子の場所知らないので、判子押せません(本当は知ってる)」でなんとか追い返そうとするも「お家の人の荷物なんだよ」「判子じゃなくてさー、名前書いてくれればいいから!」

終いには「さっさと開けろ!こっちは早く終わらせたいんだよ!」と怒鳴ってくるし、ドアノブガチャガチャされるしで、もう私号泣。妹も号泣。

ほぼパニック状態で、3軒隣の友達のお母さん(家族ぐるみで仲良し)に「助けてください!変な人が来てる!」って電話した。
友達のお母さんが「すぐに行くね!」って言ってくれて、割とすぐにドアガチャは収まった。
チャイムが鳴ったのでインターフォンに出たら、友達のお母さんが「もう大丈夫だよー」って言ってくれた。

でも結局その人、ほんとに通販の商品を届けに来た人だったんだよね。
普段は時間指定で夜に親がいるときに来るようにしてたんだけど、その時から割と接客態度に問題ありで、荷物の扱いが雑だったり、鍵があいてるとチャイム鳴らさずに玄関入ってきてるってことがあったらしい。(親帰宅から家族が寝るまでは、玄関の鍵は開けている家庭だった)

で、今回も時間指定はあったけど、無視してさっさと配達終わらせて仕事終わらせたかったってことだったらしい。

友達のお母さんから話をきいたうちの親がさすがにブチ切れて、宅配会社に担当を外すように言って、もうその人は来なくなった。

という、最終的に事件性は皆無ですが、幼心に大変恐怖を覚えた修羅場でした。



ブログパーツ