407: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)08:07:17 ID:A4h
中学生になってから友達になったA。
Aは優しくていい子だったけれど、どこか少し陰があって悲観的だった。
特に「家族なんて」「愛なんて・・・」みたいな発言が多くて、同い年ながら強めの反抗期かな?位に思っていた。

私立の学校だったから、私とAは互いの家は遠いけれど休日には行き来し、泊まり合う位の仲になった。

Aの両親はその都度私を歓迎してくれた。
紳士的なお父さんに、明るくて元気なお母さん。

しかし、そんな両親をAは冷笑しているような感じ。
Aは私に「あの人たち上辺だけだから」「こう見えてうちには秘密があるから」とずっと言っていた。
私は私で、外からは見えないけど何か複雑な事情があるのだろうと受け入れていた。


409: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)08:08:47 ID:A4h
3年生になる位、いつになく深刻な表情で、Aが「うちの秘密を教えてあげるよ」と言ってきた。
誰にも言わないでねと。

放課後の他に誰もいない教室でAは言った。
「私、おじいちゃんとおばあちゃんの養子になってるんだ」
私が唖然としている中、Aは続けた。
「私はちゃんとお父さんとお母さん二人の子供なのに、こんなのっておかしいよね」
「二人は隠してるけど、親戚がこそこそ話しているのを偶然聞いちゃったの」
「うちは異常」
泣き出しそうになっているAに、私は言った。


410: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)08:09:34 ID:A4h
「私もおじいちゃんおばあちゃんの養子になってるよ」
「え」
「A、それただの相続税対策だよ」

Aはしばらく絶句して、それから「もういい!」と叫んで教室から出て行ってしまった。
それから2、3日無視され、その後赤面しながら謝ってきた。

あの後、思い切って両親に確認したところ、ただの相続税対策だと言われたらしい。
別にわざわざ子供のAに説明することでもないし、高校生くらいになったら適当に話せばよいと思っていたとのこと。

Aは2,3年もの間、一人でずっと悩んでいたのに。
後日、Aの家に遊びに行って、Aのお母さんと二人きりになった際、謝られた。

あの子馬鹿なこと言って困らせてたみたいでごめんなさいねと。
なんか上手く言えないが衝撃的だった。



ブログパーツ
     
スポンサードリンク
   

                   
      
                           
        

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット