781: 名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木)11:36:39 ID:BHd
中学の時にした、初恋の時の冷め話。

根暗オタクでパソコン部なのに、ギャル系な妹と同じ部活の先輩(つまり同級生)に告白されたんだけど、後輩の兄だからとオタクな俺にも優しく接してくれていた子なので、即OKした。

初彼女に浮かれていた俺は、ずっとニヤニヤしていたらしく、友人に問い詰められた。
正直に彼女ができたことを白状すると、話を聞いていた友人の1人(オタクだけどイケメンだし成績優秀)が「俺、この間その子のこと振ったわ」と言った。

そのイケメンは、勉強が出来ない子が生理的に無理らしく、彼女がクラスの最下位ぐらいの成績だったので、断ったらしい

「でも性格までは知らないし、お前が成績とか気にしないなら大丈夫!応援するよ」と言ってくれた。

彼女にイケメン含め、友人に勝手に付き合ったことを話したことを詫び、「なんでイケメンでもない俺なんかを」と聞くと「そんな卑屈にならないで、私が告白したんだから、自信持って」と言われた。

それ以降、彼女と並んでもおかしくない男になろうと、ファッションなんかも頑張り出したのだが、日が経つにつれ、だんだん彼女の言動が怪しくなってきた。

「イケメン君のメールアドレス知ってる?」とか「今度私の友達とイケメン君と誘って、ダブルデートみたいにしない?」とか、口を開けばイケメン君イケメン君と、彼の話ばかりになってきたので『こいつイケメンにそんなに未練あんのに、埋め合わせで俺と付き合ったのかよ、しかも俺とイケメン君が恋バナをする程の仲と知った途端この態度か』と思って冷めた。

その話をイケメン君本人に話すとご立腹で、「俺が彼女に言ってやるからアドレス教えな」と言うので教えたら、すぐに「彼氏の前で俺の話ばっかりすんな、振られたんだからいい加減諦めろ」という感じのメールを、彼女に送りつけてくれた。

そしたら彼女から俺の携帯に「勝手に私のアドレス教えて、イケメン君に言わせるなんて最低、別れよう」というメールが届いた。

そのまま俺も溜まってた怒りを吐き出して、俺の初恋は数ヶ月で終了した。

「なんだか私が恋のキューピットみたいだね」とニヤニヤしていた妹には、すごく申し訳なかった。

その後、イケメン君から「あれ以降お前の元彼女から、友達からでもいいんでお付き合いしてくれませんか、もし私に悪い所があれば最初にくれたメールみたいに叱ってください、みたいなメールがちょこちょこ来るんだけど」と相談されたので、更に冷めた、というか呆れた。



ブログパーツ
     
スポンサードリンク
   

                   
      
                           
        

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット