970: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)17:19:03 ID:O0X
うちの娘が卒業式で、ハンデのある子たちのお世話係をさせられる事になった。
しかも数人いるのに、それ全部。

理由は、数人中の数人が幼稚園から一緒で、うちの娘は取り扱いが上手かったから。
それ以前も、運動会や遠足、キャンプ、就学旅行、と、必ず一人二人は一緒のグループ

でもグループには他の子もいたし、娘がそれほど負担に思っていなかったから、黙っていた。

娘ともう一人、いつも一緒に付き添い役をする男の子がいたんだけど、その男子の親御さんからお断りされて、うちの娘一人にそれをさせる事にしたらしい。

私はそんな事全然知らなくて、お隣の家の子のママ(そこの家の子がヤンチャでヤンチャの扱いを覚えた)から「なんか娘ちゃん大変な事になってるらしいよ」と教えられた。

帰宅した娘に聞いたら、「もう、すごいイヤ。○○くん(幼稚園から一緒の子の一人)一人なら全然平気だけど、何人も無理」と泣きそう。

仲のいい女の子たちと先生に訴えたけど、聞いてもらえなくて、それぞれ親に相談する事にしようと話し合って、帰ってきたところだった。

先生はお世話を娘に丸投げで、娘がまさに引率している状態で、娘の出席番号は一ケタなのに、その子たちの世話をするために、最後尾にいるという。

もうビックリして、すぐ学校に電話した。
先生は「娘ちゃんなら扱いは上手いし彼らも言う事を聞くし、今更変更はできない(もうプログラムも印刷したから)」とか、娘に押し付ける気満々。

「フザケンナ、うちだって6年間ずっと世話したんだから最後くらい解放しろ、先生ちゃんと仕事しろよ」と、もっと丁寧な感じで一時間くらい文句言い続けた。

翌日になったら、今度は学年主任から「どうにかなりませんか、いい思い出になりますよ」と電話口で延々と説得されたので、頭にきて、電話を切って速攻で学校に乗り込んだ。

もちろん、乗り込んだ先は校長室。
校長含め、学年主任も担任もほかの先生も「娘なら出来ますよ、大丈夫です、他の子では無理」と褒め〇しで押し付ける気満々。

でも、一学期の保護者面談の時も「うちの子に押し付けはもう勘弁してくれ、娘にも純粋に学校生活楽しませてほしいと言いましたよね、先生方は、うちの娘一人より低能なんですか?役に立たないんですか?ホントに教師ですか」と反撃に出て、自分でもよく口が動くなと感心する程のマシンガントークで攻め続けた。

そうこうしているうちに、お隣ママから連絡もらった○○くんのママがやってきて「酷すぎます、それならうちはもう卒業式出ません」と援護してくれた。

先生たちに考え直すと約束させ、帰宅したものの、私の収まりつかなくて、伯父に電話した。
伯父は私が小学生の頃、校長先生をしていた人で、引退後教育委員会にもいた人。
電話で伯父に話しているうちに、感極まってしまって、号泣してしまった。
伯父がその日のうちに、現役の知人に連絡してくれて、翌朝一番で校長から謝罪の電話が来た。

卒業式は、普通に生年月日順の出席番号で並んで、普通に終わった。
普通にできるじゃん、なのになんでうちの子に押し付けたの?と、余計に腹が立った。

そして私は、学校に出かける時に会ったお隣のママに学校行ってくると言っただけで、話の内容も伯父の事も、誰にも言ってないんだけど、かなり正確に保護者間に伝わっていて驚いた。


972: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)23:58:33 ID:Sa1
ひでえな
なんか当たり前みたいになってるじゃん


973: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)00:42:04 ID:owD
いい思い出w
半ば強制的にボランティアやらされんのと、自発的のボランティアじゃ意味合い違うし、先生に反抗できない児童の学ぶ自由を、奪う権利はないっての。


971: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)23:54:35 ID:LQQ
なんかヤバイ地域に住んでない?それ。


976: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)16:47:50 ID:I3v
>>971
首都圏で、給食費の滞納もないような平和な地域です。
古い大型分譲マンション(団地)の中の学校なので、子供の数が非常に少ないのに、なぜか学年に一人二人はハンデのある子がいます。

周囲が手助けしすぎて、自分で何も出来なくなってしまった子がいる学年もあったくらい
たぶん、ハンデのある子には過ごしやすい地域なんだと思います。

娘の学年は、人数が多かったですね。
しかも、多動の傾向の強い子が多かった。
娘が嫌がった子たちは、幼稚園が違ったので親の事も知らないし、娘やママ友からの噂話でしかしりません。

だから詳しい事はよくわからないけど、所謂アスペだと思います。
男の子ばかりだし、小柄なうちの娘と比べて体格がよくて、セクハラっぽい行為も多々あり、小学校卒業のあたりでも、とても娘が面倒みれる状態ではなかったです。

伯父は、私にとっては祖父くらいの年齢です。
当時すでに80代だし、教育委員会というのは、イメージにあるほど力のある組織ではないと聞いていたし、伯父にどうにかして欲しかったのではなく、悪いのは先生の方と言ってほしかったからです。

伯父によると、学校や役所関係のトラブルは、議員に相談するのがいいそうです。
その時はたまたま伯父と校長が一応知り合い(同僚だった時期がある)で、伯父より親しい関係の人から、注意してもらえたので良かったです。

あと、ハンデのある子のママさんたちからは、卒業式で謝罪されました。
みなさん噂を聞いて驚いて、ビックリしたらしいです。




ブログパーツ