458: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)09:35:08 ID:WWU
仲間内で、スマホのパズルゲームが流行っている。

お互いにスタミナ贈り合ったり、どこまで行ったかどうかで盛り上がる程度で、皆ゆったりと楽しんでいる。

そんな中、別グループの男(Aとする)が「お前らもこのアプリ始めたんだ?俺は配信されてすぐ始めたから、色々教えてやるよ」と、鬱陶しく絡んでき始めた。

こっちはのんびり楽しんでいるから、そういうアドバイスはいいと断ったが「攻略法を知った方がより楽しめる」と引かない。

「ただ単に合わせるだけじゃなくて、次の動きを意識しなきゃ」とか、「ステージの特性を理解して、如何に高得点を狙うか考えないと」とか、正直、アプリのヘルプに載っている程度の事を、大げさに言ってくる。

それを聞いていた友人のB子(可愛い、ちょっと天然)が「え~、私そんな難しいこと一度も考えたことないよ~、だって最初の配置で割と左右されるもん」と、にこやかに反論。

すかさずAが「序盤は良くても、途中からはそれが通用しなくなるんだよ。俺はもうステージ300目前まできているけど」と、自慢げに語り始めたのだが「私、もうステージ500超えてるよ~、ほら」と、ニコニコしながらスマホの画面を見せるB子。

Aは鳩が豆鉄砲食らったような顔で、固まっていた。

「私の来たとこまでは、運任せで大丈夫だよ~。難しい事考えすぎたら楽しくないし~」

ニコニコしながら言うB子に、Aはしどろもどろになりながら、そそくさと退散していった。

実はB子は、根っからのパズルゲームマニアで、Aが必死で考えてる事は、深く考えずに自然と出来てしまうタイプ。
それをAに、敢えて教えなかった。

あと、B子が「A君、なんだか思い詰めてたみたいだけど、大丈夫かな?」と、本気で心配していた事も、もちろんAには伝えていない。



459: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)11:57:08 ID:BJk
天然最恐伝説




ブログパーツ