787: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)12:45:11 ID:qSW
両親が長らく海外赴任していたので、幼いころから祖母の家に預けられてた

祖母は決して悪い人ではなく、むしろ私のことを溺愛してくれてたんだけど「せめて二重だったらねぇ」と、不憫そうに私の顔を見て言うのが嫌だった

両親も祖母も、亡くなった祖父も皆外人みたいなぱっちり二重だったから

久しぶりに会えた両親にまで「せめて二重だったら」を言って、しかも両親も「本当にねぇ」と気の毒そうに言うので。泣きそうになった

でも私が二重にすると言い出すと「親からもらった顔にメスを入れるなんて」と祖母・両親ともに大反対

相変わらず「せめて二重なら」と言われ続けて、自分の顔に自信が持てなくなり、典型的な暗い喪ブスキャラになった

就職して初めてお給料をもらった日に、祖母・両親にプレゼントを買うつもりで4人でデパートに行った

店員さんが「あら、可愛らしいお孫さん」とお世辞を言ってくれたのに、祖母・両親ともそろって「悪くはないんだけど、でも目がねぇ・・・」と残念顔

これにプチンして、夏・冬のボーナスで二重の手術をした

美容整形に行ったら「あなたの瞼は眼瞼下垂という病気。結構重症で、視力にも影響が出ていると思うので、手術したほうがいい」と言われて超びっくりした

病気だから保険が適用されて、両目併せて10万弱で二重になった

帰宅して縫い目のある手術痕を祖母・両親に見せると激怒していたので「あんたらが散々いじめてくれた一重は病気だったんだって、誰のせいで今まで苦労したと思ってるんだ」と大暴れしてやった

家を飛び出して、手術代で浮いたお金でビジホ借りて、そのまま一度も帰らずに社員寮に転居してやった

会社では、整形うんぬんでひそひそされたけど無視して、正義感の強い子にだけ、眼瞼下垂のことを告白したら、その子がスピーカーになってくれて「病気の治療で二重になった人を整形扱いするのはどうなの?」という風潮になり、いつの間にか沈静化した

祖母・両親は、今でもたまに手紙を寄越して帰ってこいだなんていうけど、皆の希望通り「せめて二重」になったら人生が明るく開けたような気分になって、彼氏もできて楽しいので絶対に帰ってやらない


849: 名無しさん@おーぷん 2017/01/11(水)11:42:52 ID:lr9

>>787
良かったね。
病院に行って大正解だった。



     
スポンサードリンク
    

                   
      
                           
        
             
      
                           
      

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット