75: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/14 14:15:37.89 ID:PkvgBNa40.net
この間、職場の仲良し3人で某県の温泉旅館に行ったんだ。 
ちな、3人とも女。
何て事はない、普通に温泉に入ったり、ごちそう食べてグダグダしてた。


自分は多少酒を飲んだ。
んで、寝る場所を決めることに。


自分が最年少で、部屋の一番奥に、真ん中に Mさん(仮名)、入り口側に Iさん(仮名)と決まった。


MさんもIさんも、夜中にトイレに起きたときのことを気にしてた。
自分はきっと、起きないだろうと思ってた。


真ん中のMさんは、枕がわりに座布団を使い、自分に「(座布団が通路まではみ出てたので)通りにくかったらごめんね」
と言ってくれた。


自分はトイレに起きないと思うと告げ、深夜12時に程近いような時間に就寝した。
朝早く起きて、朝風呂に入ろうと言って。

朝、目覚ましのアラームで3人とも目が覚め、朝風呂の準備をしつつ、寝るとき暑かったとか、お腹空いたとか話をしてた。


Mさんが「Iさんが夜中にトイレにいくのわかったよー」と言った。
Iさんは、起こしてごめんね的なことを言って、次にMさんは自分の方を向き


「(自分)ちゃんもいったよね。気づいたよー」


と言った。


その瞬間、自分は真顔になった。



自 分 は 夜 中 ト イ レ に 行 っ て な い



全力で行ってないと否定した。


でもMさんは、確かに頭の上を誰かが通ったと言っている。
冗談で言っている感じでもなく、何となく怖くなったので、その場は「寝ぼけてたのかもね」といって話を辞めた。 

その話をしている最中から、物凄く左の肩が痛くなった。
寝違えとも違う痛みで、どう動かしても痛い。
朝風呂に浸かっているとき 一生懸命揉んでみたりした。
やっぱり痛かった。


帰り道も高速で3時間程度だが、運転は自分だし、嫌だなぁ…なんて思ったけど、仕方ないので運転した。


旅館を出て、すぐ近くのお土産屋さんに寄った。
結構居座ったが、気づくと肩の痛みは消えていた。
旅館に何かあったの(いたの)かな?とか思ったけど、よく考えたらその日は 、大好きだった祖父の3回目の命日だった。
だからおじいちゃんが一緒に温泉来たかったのかも!と先輩方に言ってその場は終わり。
帰って即、仏壇にお供えものをし、手を合わせた。


後日、Mさんは真剣に「絶対寝ぼけてなんかなかったんだ…」と自分に明かしてきた。
旅館自体、嫌な感じは無かったから、悪い影響は無いと思うけど、不思議な体験をしたなぁと。


85: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/14 15:05:58.36 ID:dyf0R3tK0.net
おじいちゃんが、思い出して欲しかったからかな。
んでも、左肩が痛かった原因がおじいちゃんというより、おじいちゃんが何かから守ってくれてたから、肩凝りで済んだというオチもありかな。

乙でした~。

86: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/14 15:08:13.97 ID:PkvgBNa40.net
>>85
ありがとう(^^)
おじいちゃんの事は、片時も忘れたことなかったのに愛が足りなかったかな?ww


確かに肩こりで済んだというのはあるかも。
確かに守られてる感はあるよ。

90: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/14 15:12:02.95 ID:dyf0R3tK0.net
>>86
守ってくれてたから肩凝りで済んだとしたら、不思議だけれどホッコリするね



90: 
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/14 15:12:02.95 ID:dyf0R3tK0.net

>>86 
守ってくれてたから肩凝りで済んだとしたら、不思議だけれどホッコリするね