741あなたの知らない名無しさん 2018/09/15(土)12:34:50 ID: ID:Eqb

モラ夫と離婚調停中に鬱になり、証拠たっぷりあったのにドクターストップがかかって納得いくまで戦えなかった。
相手を有責にするのが精一杯で、治療優先だったから色々後手後手で、子供抱えて実家に撤退するように逃げた。



引用元:
復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 6


養育費は弁護士先生が月々返済にしてくれたけど、モラ夫はすぐ退職し「ないもんは払えない」とばっくれた。
1年くらい後に就職したらしいが、その頃まだ鬱どっぷりだった私は泣き寝入りした。

しかし離婚して6年後、私に躁のターンが来た。
躁になると私無敵!何も怖くない!状態になった。

散財したりお金の面で無敵状態になる人が多いらしいんだが、私は元モラ夫に対し無敵状態になった。
多分発症直後に元モラ夫をSNSで発見したせいもあると思う。

元モラ夫はアホだから顔出しでSNSをやっていた。
「子供を連れ去られた」とか「養育費を払っているのに面会させてくれない」とか嘘八百。
だから改めて訴えた。
かつて溜めた証拠と、今回のSNSの顔出しスクショを基にたっぷり訴えた。

証拠充分だし私は躁の無敵状態。
弁護士の先生に任せるだけじゃ飽き足らず、私も本人に会いに行ったりした。
元モラ夫は私をまたモラハラで屈服させられると思っていたが、私は躁で完全な別人格。
「バカじゃないの」「ほんと幼稚」「くっさ」「顔きもー」以前なら口に出さなかった言葉でペラペラ罵倒したら、元モラ夫は「誰だこいつ」という顔をしていた。

大体モラハラなんて密室で、ある程度の関係性がなきゃ通用しないんだよね。
離婚してとっくに切れてる女に、モラハラかまして通用するわけない。
元モラ夫も弁護士を一度連れてきたが、明らかにやる気なさそうな人で、一度きりしか来なかった。

ツイッターの垢も見つけたから、匿名の捨て垢から「嘘つきw」と嘲笑いながら個人情報スレスレの指摘をしまくった。凍結されるたび捨て垢を作って攻撃した。

元モラ夫には同類の取り巻きがいて、最初は皆こっちに攻撃してきたけど、私は無敵状態だから痛くもかゆくもなく、逆にそいつらの垢に粘着した。
躁だから寝なくても平気だし。

取り巻きは「こりゃ相手にしちゃいかんやつだ」と悟り、元モラ夫を庇うのをやめた。
元モラ夫はネットでも孤立した。
元モラ夫はSNSに「俺はうじ虫だ」「タヒにたい」と書くようになった。
「そうだよあんたはうじ虫だ」「そうだねその方がいいね」とリプし続けた。

元モラ夫は鬱になった。弱っ、と思ったので思ったまま「弱虫、おまえはうじ虫以下だ。虫虫虫虫虫虫虫虫虫虫虫」と相手をしてあげた。

元モラ夫は働けなくなって退職し、なんでか私に電話して来て、鬱の症状についてぐだぐだ愚痴り、「タヒんでしまいたい」と言うので「アハハっそりゃいいや」と言って切った。

このへんで私は姉にストップをかけられ、投薬を受けて落ち着いた。

元モラ夫はまだ生きてるらしいが、よく知らない。
弁護士先生がいい仕事してくれて、慰謝料を取ってくれた。
元モラ夫の貯金がどれだけ残っているのかも知らない。

今私は幸福なので、元モラ夫の鬱もよくなってればいいねー、と思う。