578: 名無しさん@おーぷん 2014/08/23(土)10:52:01 ID:NHt9m1yzv
父方の祖母が末期がんで非常に苦しんで亡くなったので延命措置はしないでほしいと、父親から言われていた。
姉2人と兄1人は遠方で住んでいて、実家の近くに住んでいたのは私だけだったので、必然的に私と母で、父の介護をしていた。
入院してたこともあって、一般で言われるほど大変な介護ではなかったけど、
非常にさびしがり屋な人だったので、毎日顔を見せに行って、時間のある時は一緒に
食事をとったりと父が入院しているときは自分の時間はほとんどなかった。
姉たちは遠方ということもあって電話はしてくるけど、見舞いになんて数えるほどしか来なかった。


引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その4】

 

ある日、母親が父の着替えを取りに行って銭湯でちょっとゆっくりしてくるから父といてやってくれ
と頼まれて私が父と2人きりの時に父の容体が急変して、心肺停止になった。

医者からは家族が私以外居ないから強心剤を打つかどうか聞かれたんですが、私は断り
そのまま臨終となった。

それまでは父が延命だけはしないでくれという言葉に残りの家族は同意をしていたのに、
そのまま父を行かせたことを、兄弟だけでなく母からも責められた。

最後に生きてる父に会いたかったと言ってひどくなじられたときが修羅場だった。
葬式がすんでしばらくしてから謝罪され、許したふりはしたけど心の底では許せなかった。
最近になって母が体調を崩して入院したけど、病院には行っていない。
母から連絡があったのだと思うけど、兄弟から母の様子を見に行ってほしいとの連絡があったけど、また父の時のようになるのが嫌だからと断った。

遠方の兄弟のことは心配して、季節になると食べ物を送ったりお金を送ったりして、私には感謝の言葉すら出し惜しみしていた母のことを、心のどこかで恨んでたんだと思う。

決して母のことが嫌いだったわけではないのに、このまま何も言わずに姿を消そうかと考えてる自分の心が恐ろしい。

今も電話が鳴ってる。
たぶんは母か兄弟からだと思うけど、このまま放っておこうと思う。


580: 名無しさん@おーぷん 2014/08/23(土)11:29:43 ID:a2rKyswtg
>>578
気持ちはわかるよ。親に悪意はなくても、子供の側は差別された事は覚えている。
ずっと意識していなかったのに、何かの事件で急に思い出して忘れられなくなるんだよね。
私もさぁ、まとめサイトで呼んでた記事でさ、自分の子供時代を思い出してオイオイ泣いちゃったのよ。
よく搾取子とか言われるような子供の話で、別に親は搾取要員にしようと育てたわけでもないと思う。
私も家庭の事情と時代の関係でそうなったんだろうけど。でも、あれ、これ私の話???って思った。
そのあと別の記事で、また別の子供時代の事がフラッシュバックしてきちゃって、また泣いた。

自分が子育てしている時にも思い出さなかったのに、子供時代ぼんやりと寂しいと思っていた事を
思い出しちゃってね。今でも当時も仕方なかったんだと思うんだよ。
でも寂しかったんだよ。
578のお母さんは身近にいる578には感謝する事も忘れちゃったし、頻繁に会えるから特別な事をする必要も感じなかったんだよね。
同居のお嫁さんが何をしても当然で、たまにくる遠方のお嫁さんのお土産にやたらと喜ぶタイプの姑さんと同じようにね。

一つだけ忠告出来るとしたら、「親孝行したいときには…」にならないようにね。
もしも亡くなってしまった時、後悔してもどうにも出来ないんだよ。
それを一生負い目として自分の中にため込んで生きていく事になる。

お香典の額に迷ったら、どうするか?
結婚祝いは後からフォローできるけど、香典は次がないから大きい金額を包む。
亡くなってしまった人には次はない。
お母さんの為というよりは、あなたの為に、見舞いに行く事を勧めるよ。


615: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)05:27:06 ID:GFpEu7HcQ
>>578 お母ちゃんが入院して苦しんだらたっぷり延命してやればいいさ。

ボケて意識あるけどチューブで生かされるだけ。
もちろん費用は残りのアホ兄弟ども負担でいいよ。


>>580 でた、正論吐くバカ。


616: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)07:12:29 ID:eY678pMJg
>>580
融通効かないバカって感じ
正論はく動機に隠された名誉欲という煩悩
バカ丸出し アホに限って正論はいて自分を持ち上げるよね
誰もお前なんか尊敬してないわ


617: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)08:31:15 ID:6M2OpQ1fv
>>580は読んでないけど
正論をはくとバカ呼ばわりされるこんな世の中じゃ


621: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)13:18:55 ID:CGjVBWcaw
浅はかな考えしかない馬鹿なんだな>>617


645: 名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日)20:54:43 ID:0eAsCC3Rx
>>578さんみて自分の母親のこと思いだした。
私の両親は私が大学生の時に離婚したんだけど、離婚の理由が兄の延命治療だった。
兄は私より2歳上で、亡くなったのはちょうど大学を卒業する頃で、
友達とスノボをしに行った帰りに事故を起こして意識不明の重体になった。
すぐに連絡があって家族で駆け付けたけど、人工呼吸器がないともうだめだと言われ、何時間だったか忘れたけど
その時間内に人工呼吸器を外すかどうかの決断をしてくれって言われた。
今外さないと後になって外すことはできなくなるからよく考えてってことだったんだけど、
母親は絶対はずさないといったんだけど、父親はまだ若いから今外してやらなければこのまま人形みたいにずっとここでいなくちゃならないんだぞ。
って母親と私に言った。その時母は気が狂ったみたいになって、私に掴みかかって、
お前がお兄ちゃんと替われって言ってめちゃめちゃに殴られた。

父と看護婦さんがとめてくれたけど、母はお前が事故に遭えばよかったんだ。って何度も言ってた。
兄を溺愛してたからまあ仕方ないなとは思ったけど傷つかないわけじゃなかった。
結局兄の人工呼吸器は外した。
それからは、母は父を物凄く罵り、結局両親は離婚して、私は大学の近くに一人で暮らし始めた。

最近になって母親から、電話がかかってくるようになった。
さびしいんだと思うけど、母の声を聴くとあの時のことを思い出してそっけなくなってしまう。
多分私も 578さんみたいに母のことは嫌いじゃないけど、許せないんだと思う。



ブログパーツ