807: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)09:37:06 ID:NaaQG30hE
他の方の修羅場に比べたら屁みたいな、一人暮らしの時の話。
住んでいたアパートを給料も上がったし、もうちょっと広いところに引越ししようかなと
不動産屋に物件を見に行ったら「ちょうど新築中のアパートがありますよ」とのこと。
総フローリングで部屋も広いし、ベランダも広い。駐車場もついてるし家賃も予算内。
なにより新築が嬉しくて、アパート完成後引っ越した。
ところが、アパートの建っている場所が悪かった。


引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

 

大通りからアパートまで車が1台しか通れない細い道があるのだが、
その道の脇に外壁がサビたトタンの2階建ての家があった。
この家には年齢不詳の老婆が住んでいて、この婆さんがガラが悪い。
ただでさえ細い道なのに、婆さんの家の粗大ゴミが道にはみ出ている。ベランダや窓の柵にたくさんの服を
引っ掛けて虫干し?しながらタバコ吸ってる。大通りにコンビニがあるので、徒歩で行こうとすると
家の2階から婆さんが見下ろしてて怖いし時々、道にゴミやら唾やら落としてくる。

それでも通過するだけだし。と思っていたのだが、婆さんの家の道を挟んだ向かいに住んでいた老夫婦が
家を売って引っ越して行った。老夫婦の家は更地にして売りに出すらしく家を取り壊す業者が来た。
ある朝、出勤しようと車を出すと、婆さんが道の真ん中に古い風呂桶を放置している。
この風呂桶はずっと婆さんの家の脇に置かれてた粗大ゴミでボウフラ湧いてそうな汚水が溜まってた。
婆さんは向かいの家の取り壊し業者に「ついでだからこれも一緒に捨てろ」と騒いでた。
私はクラクションならしたが無視。 仕方なく降りて「すいません、これどけてください」
と、言ったところ婆さんが「うるせえ!裏の道通れよ!」と怒鳴りつけて来た。
裏の道なんて知らないし、ちょっと脇にどければ済む話なので「急いているんです。どけてください」
と言ったら肩を突き飛ばされた。
「あたしはずっとここに住んでるんだよ!なんなんだよお前!あのアパートのもんか?!」
と、怒鳴られすねを蹴飛ばされた。業者の男二人はニヤニヤ見てるだけ。
警察呼びますよ?!と怒鳴ったら「おー 呼べよべ!やってみろ!」と腕を掴まれ車にむかって突き飛ばされた。

一旦、アパートに戻って110番すればよかったのに、律儀に派出所の番号調べて電話。
やっとバイクに乗った警察が来た時は、業者も老婆もいなくなっていた。
警察もやる気なくって「で?あなたはなにがしたいの?」って聞かれた。
いや、注意してくださいよ。と言えば、一応言うけど近所トラブルは自治会とか不動産とかに言って話し合えば? 
突き飛ばされたり蹴られたりしたと言えば、でも怪我ってほどじゃないんでしょ?
最後は「はいはい、注意しますよ」的な態度で婆さん家のチャイム押して反応ないから
「また後で来てみますね。では」 って帰っていって、それっきり。婆さん2階の窓からニヤニヤ。
会社は遅刻するし、遅刻の理由がご近所トラブルだから上司から怒られるしで散々。

その後、別の小さな事件でお世話になった警察の方がアパート周辺の土地に詳しくて初めて知ったのだが
アパートの建っている地域は昔から夜の関係の女性が多く住んでいる場所でそのまま老後を過ごしてる人もいるらしく
治安がいいとは言えない。不動産屋さんは何も教えてくれなかったの?と。
たしかに、アパートの近所の戸建の家にロシアンパブの女性が共同生活してる家もあった。
ガラの悪い男性同士が喧嘩してパトカーが数台来る騒ぎもあった。
私以外のアパート住人も近所の人とトラブルになり、窓ガラスに投石されたり、車を傷だらけにされたり。
その警察の方は私の話を聞いてやられっぱなしでも、そのぐらいなら「関わらないが吉」と言ってました。

この前、10年ぶりぐらいにその近くの道を通った。
もう老婆の家が建っていた場所は更地になっていて見晴らしがよくなっていたが、
小さな三角州みたいな土地は買い手がつかないのか、草ぼうぼうの空き地になっていた。



ブログパーツ