806: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)08:58:57 ID:QpTAYEImF
幼稚園の年長の頃に起こった修羅場。
その日もいつも通り幼稚園に行き夕方ぐらいに家に帰ったんだ。
いつもなら園バスが止まったら外に出てきておかえりー!って言ってくれるのにその日に限って母ちゃん出てこなかったんだよ。
でも特にそれほど深く考える事もなく玄関に荷物置いていつも通り父ちゃんが帰ってくるまで友達と家の前で遊んだ。


引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その3】

 

6時ぐらいには父ちゃんが帰宅して友達とは解散して父ちゃんと家に入った。
トイレ先に取ったー!と勢いよくあけるとそこには母ちゃんがいたよ。
便器に頭突っ込んだ状態で。
母ちゃんどしたん!?大丈夫!?って揺すっても母ちゃんは無反応だった。
自分の声に気付いた父ちゃんがトイレに来てくれたけど結果としてはもう亡くなってた。

警察に通報したりといろいろ父ちゃん忙しくてこのあたりは自分はばあちゃんとこに連れてかれてたからよくは知らない。
その当時は母ちゃんは病気だったんだよ。って言われただけで詳しい説明は誰もしてくれなかった。
まぁ幼稚園児だったから詳しく説明されてもわかんなかったろうしw

つい最近自分妊娠しまして。
その報告しに実家に行った時母ちゃんの亡くなった原因を教えてもらったよ。

熱中症だったんだってさ。
あの頃母ちゃんはよく家の中でサウナスーツ着てエアロビダイエットやってたんだ。
あの日は真夏日で今年1番の猛暑だったらしいんだけど、そんな時でも母ちゃんいつもみたいにサウナスーツ着て窓締め切ってエアコンつけず飲み物も取らずにやってたっぽい。

「お前の子供が生まれたら、暑い日は電気代なんか気にせず付けてやれ。なんなら父ちゃんが払ってやるから。水分補給もこまめにさせてやるんだぞ。赤ん坊は親がやってくれなきゃ出来ないんだからな。苦しい思いをさせちゃ絶対にダメだからな。大切な人は守ってやるんだぞ。」って言われたよ。

父ちゃん泣いてた。




ブログパーツ